HOME>記事一覧>紙に書かれた文字や表はデジタルデータに変換してパソコンに保管できる

目次

電子化してパソコンに保存しよう

資料

紙の文書は誰にでも読めてしまうため、セキュリティにかなりのリスクがあるといえます。金庫や鍵をかけた部屋に入れておけば誰にも見られませんが、使い勝手が悪いので、電子化してパソコンに保存することをおすすめします。

パスワードを知っている方だけ開ける

資料

電子化した文書をパソコンに保管するときにパスワードを設定しておけば、それを知っている方だけ開けるようにできます。誰でもデータが入手できる状態だとしても、それを開くにはパスワードが必要ならセキュリティは高い状態だといえるでしょう。

業者なら渡すだけで電子化してくれる

文書を電子化するための作業は難しくはないため、少量ならばそれほど時間をかけずに終えられます。しかし、大量の文章があるのなら一枚一枚機器でスキャンするのは手間がかかりすぎるので、業者に頼んでやってもらったほうが楽でしょう。

業者なら破棄してもらえる

業者に文書の電子化を頼めば、デジタルデータにしてくれるのですが、オプションとして破棄サービスがあるのを忘れてはいけません。文書を破棄するときは外部に情報が絶対に漏れないように慎重に行う必要があります。電子化してくれる業者ならば、その面倒な作業を代わりに行ってくれるため、情報漏洩を心配することなくデジタルデータ化したあとの文章を捨てることが可能です。